仙台 包茎手術 クリニック 方法 写真 画像

包茎手術について

包茎手術とは

 

簡単に言えば、亀頭に被ったままの余った包皮を切除することです。

 

病院で真性包茎と診断されれば保険適応で包茎手術を受けることができます。

 

包茎手術の必要性

 

真性包茎の場合は包茎手術が必要だと考えます。

 

包茎手術は必要ないという話もありますが、日本の成人男性の正常な状態が仮性包茎と考えれば、真性包茎は身体だけではなくコンプレックス面も含めて何らかの施術が必要ではないでしょうか?

 

特に日常生活にも何らかの影響を及ぼす可能性のある重度の真性包茎包の場合は早急に手術したほうが良いでしょう。

 

重度の真性包茎のピンホール型や癒着型の場合は特に早めに病院で診察を受け治療を受けることをオススメします。

 

 

仮性包茎の場合

 

ココからは自由診療の本人の意思や希望にによりますが、仮性包茎の方も包茎手術をしたほうが良い場合もあります。

 

 

平常時はもちろん勃起時も包皮が被ったままの場合。

 

当然、仮性包茎であれば自分の手で包皮を剥こうとすれば剥けるわけですが、ひとたび亀頭を露出させれば今までほとんど外気に触れてない敏感な部分を露出するので刺激の痛みに耐えられない状態でしょう。

 

ほとんど真性包茎と変わらないのです。

 

恥垢なども溜まりやすく、包皮炎、亀頭包皮炎の原因となる場合があります。

 

普段から清潔にさえしていれば心配ありませんが、汚染や感染を生じ尿路感染症や陰茎癌の発生率を高める可能性も指摘されています。

 

 

プライドの問題

 

プライドの問題で包茎手術をするのかしないのか!

 

プライドの問題をどう考えるかが大きな分かれ道になります。

 

普段、他人に見られる訳ではありませんが、サウナや大衆浴場、旅行やゴルフなどで裸になる場面は以外に多いもの。

 

そういった場面でまったく気にならないなら、包茎手術は必要ないでしょう・・・。

 

しかし、もしコンプレックスがあるのであれば悩んでいても解決はありません。

 

包茎矯正するなり手術するなりなんらかの施術をしたほうがよいでしょう。

 

 

因みに、包茎手術を受けた知人は「包茎手術を受けた」とはいいたくないけど、「割礼」を受けた!

 

と考えれば納得できたそうです。

 

※割礼とは宗教的儀式の意味合いを持つ包茎手術のことです。

 

人間は心の持ち方で前向きにも後ろ向きにもなります。

 

特に身体のコンプレックスはセンシティブな問題も大きく関係してきますので、自分自身がどう考えるのかが大事です。

 

 

パートナーの問題

 

パートナーのことを考えて包茎手術をするのかしないのか!

 

パートナーとは性的行為のある女性のことです。

 

女性のことを考えれば真性包茎や重度の仮性包茎の場合、包茎手術は必要でしょう。

 

包茎は恥垢がたまりやすく、性病性病のウィルスや細菌が亀頭と包皮の間で繁殖を起こしやすく性病への感染リスクが高まります。

 

また子宮頚がんになる可能性も否定できません。

 

子宮頚がんは、男性のペニスの垢や腐敗物が原因で発症すると言われています。

 

 

 

>>> 仙台市内包茎クリニックのトップページへ戻る